045usmc.jpg*11月3・4・11日今年最後のワークショップ行います。

印刷用表示 |テキストサイズ 小 |中 |大 |



               

横濱帆布鞄:M15C7T F.B.P
Field BackPack

size:W330×H450×D150mm

\35,000(本体価格)

REDKHAKIOLIVEBLK


.  045巧.jpg



・本体素材:武鑓ポリエステル帆布8号
・革:栃木レザーNatural Tanned Leather
・革ハーネスベルト: 長さ640-850mm
・製品重量:1600g
・MADE IN JAPAN

■M15C7T Field BackPackの詳細説明
Field BackPackは、武鑓ポリエステル帆布8号と栃木レザーのNatural Tanned Leatherを組み合わせ、横濱帆布鞄 万国橋SOKO工房にて丹念に作り上げた製品です。
M15C7T RED蓋縫付補強#3.JPGM15C7T RED蓋縫付補強#1.JPGM15C7T ショルダーハーネス革ハトメ.JPGM15C7T REDショルダーベルトジョイント#1.JPG
M15C7Tの最大の特長は、BACKPACKを背負う革のハーネスベルトが、天然タンニン鞣しの牛革に厚さ9mmのフエルトを縫い付け肩への滑らかなフィット感と、バッグ本体との連結を一般的な縫い留め仕様ではなく、ピン棒留めにしています。ハーネス・本体共に金属ハトメをカシメステンレスの特注製作したピン棒を通しバッグ内部裏側で割りピンで留めすることによりショルダーのハーネスベルトが回転し、背負う人の肩幅などの違いがあってもその人の肩幅に合った角度で背負うことができますので非常に快適です。
それから、背負った感覚を心地良くするために背中に幅185mmの芯材を入れています。この芯材によりピン棒留めの補強とバッグ自体の型崩れの問題を改善しています。
M15C7T RED背内側#1.JPGM15C7T RED背革充て縫い#3.JPGM15C7T RED背革ベルト補強#2.JPGM15C7T RED蓋革ベルト補強#1.JPG
BACKPACKでは、ショルダーハーネスベルトの上記説明の上部バッグとの連結部分が一番荷重負担がかかりますが、下部の留め部分(金属バックルで長さ調整可能)も同様に大切な部分で荷重負担に耐えられる補強が必要です。上部と同様にポリエステルキャンバスの内側に、丈夫な森野艦船帆布をインサートして縫い・カシメ留めに対しての補強を行っています。また、バッグの蓋部分の革ベルトのカシメ部分にも森野艦船帆布を裏充てして補強しています。
M15C7T BLK口元ハトメ.JPGM15C7T REDサイドポケット.JPGM15C7T KHウエストベルト.JPGM15C7T OL蓋ポケット.JPG
BACKPACKの蓋部分は、サイドファスナーのポケットポーチ構造になっています。また、両サイドに500mmのペットボトルなどを収納できるファスナーポケットが付いています。BACKPACKを背負ってウォーキングし易いように着脱可能なウエスト・ホールドベルトも付いています。

Black              Red              Khaki              Olive
M15C7T BLK712x699.jpgM15C7T RED726x713.jpgM15C7T KH688x686.jpgM15C7T OL686x680.jpg

■カラーは、BLACK, RED, KHAKI, OLIVE
●横濱帆布鞄 M15C7T