印刷用表示 |テキストサイズ 小 |中 |大 |




 

横濱帆布鞄:M15A2T U.C.B.
Utility Carrying Bag

size:W420×H380×D120mm

\25,000(本体価格)

Gray / Choco White / Tan Gray / Choco White / Tan


.

・本体素材:艦船帆布3号(ビニロン繊維キャンバス)
・裏地素材:武鑓綿帆布11号
・革ハンドル:幅30-25mm 長さ:270mm
・ショルダーベルト:幅50mm 長さ:780-1300mm
・製品重量:980g
・MADE IN JAPAN

■M15A2T U.C.B. Utility Carry Bagの詳細説明
前M13A2Tモデルからバッグの口元を亀甲フォック仕様からファスナー仕様にモデルチェンジ致しました。このモデルをビジネスシーンで使用を希望される方も多く、電車などの荷物置き棚に置いたりする際にバッグの中身がこぼれ落ちないように口元ファスナーに変更しました。

バッグの要であるハンドルは、4mm厚の1枚革をバッグ本体縫い付け部分を30mm幅にし、握り易いように握り手部分の幅が25mmになるようにテーパーをかけて抜きあげ、革ハンドルのコバ面も握った時の感触が良いように磨いて仕上げています。また、ハンドルの縫い付け位置も前面と後面とで5mmほどの段差を付けて縫い付けています。革のハンドルを2枚重ねて握るため革の厚み分上下に重ね合う革のハンドル位置がその分ズレますので、それを補正することによりバッグの口元の面の高さが綺麗に合います。

バッグ内部は、前モデルM13A2Tでは綿帆布79Aパラフィンをあてていましたが、パラフィンシワが製作時に付いてしまう事を解消するために、11号帆布に変更しました。内部仕様は前モデル同様に前面には、お財布やメモ帳など収納できる深さの浅い3つのポケットと、後面にはA4ファイルや雑誌が収納できる深さの深いポケットと両脇に細いモノを収納できるポケットが装備されたオーガナイズポケット仕様は、横濱帆布鞄の一つの特長です。また、中生地の側面の合わせも内側に縫いシロの角が立たないような縫製で工夫をこらして仕上げました。

ショルダーベルトは、幅広50mmの高密度織ボンネルテープを使用し、長さ調整するための金属パーツは非常に丈夫な鋳物成型パーツを使用しています。ショルダーベルトを留めるD管パーツに工夫を凝らしています。革の伸びを防止するために高密度織のナイロンテープを革の内側に仕込んでします。
バッグ側面とヘリ巻・ベルトジョイントパーツは、革の表面を当然使用していますが、バッグ底面は、革の裏面(トコ)を使用しています。今回製作のバッグは、革厚4mm前後のヌメ革を使用していますが、ハンドル以外の革パーツは、パーツによって違いますが、革厚を漉いておおよそ2mm前後に薄くしています。その革を漉いた時に、革の裏面にあたる通称:トコ革が余ってしまいます。非常に良い革なので、無駄無くそのトコ革を底面に利用しました。


■カラーは、WHITEとGRAYの2色ございます。
●横濱帆布鞄 M15A2T