How To / バッグを大切に、

 バッグは、ご自身のパートナーです。

*お選び頂いたバッグは、あなたと生活を共にするパートナーであり、あなたの生活を豊かにしてくれるモノです。
横濱帆布鞄で使用している森野艦船帆布(ビニロン帆布)や武鑓帆布は、丈夫で堅牢性の高い生地ですが、不死身ではありません。使い方によっては生地もハンドルやベルト、金具パーツもダメージを受け、裂けたり破れたり壊れたりしてしまうものです。

ショルダーベルトの上げ下げ

横濱帆布鞄でショルダーベルト付属の製品は、D管金具を革パーツ留め仕様で丸大カシメ金具で留めています。革パーツが伸びないように内側にナイロン製の高密度織テープをインサートしています。金属製のカシメ金具が破損しない限り大丈夫なのですが、ショルダーベルトを持ってバッグ本体を振り回したり、肩から降ろす際に乱暴に降ろしますと、バッグの重量にプラス重力が足され負荷がかかってしまします。
例えば、バッグの重量(中身を含めた重さ)が3kgほどだとして、肩から地面にそのまま落とすように降ろしたら、重力(重量x9.8)がかかり一瞬ですが、約30kg ほどの負荷がショルダーベルトのジョイント部分のD管留め部分にかかります。ショルダーベルトは2点でジョイントされているので、それぞれのD管留め部分に15kgの力で引っ張られることになります。バッグの中身も含めて3kgの重量で、そんなに重たいものを持ち歩いていないのに壊れてしまった。と嘆くことになります。
バッグの縫い合わせている縫い目部分にも、同様の負荷がかかるということも理解しておいてください。
ですから、横濱帆布鞄のバッグは、本体は1枚生地裁断しており底部分に縫い合わせをしていません。本体を2枚の生地で底で合わせ縫いをしていたら重量x重力の負荷が縫い目にかかりますから糸が切れてパンクする場合があります。横濱帆布鞄のバッグは生地が破けない限りは大丈夫です。

 

ハンドルを持っての上げ下げ

トートバッグなどのハンドルも同様で、肩掛けしているトートバッグを床やベンチなどに降ろす際、ハンドルを待たずに肩からそのまま落としハンドルを握る。この場合もショルダーベルト同様に重量x重力の負荷がハンドルと本体の接続部分(縫い糸やカシメ・リベットなど)にかかりますので、このような扱い方をされないようお願い致します。
やはり、パートナーをいたわる気持ちでバッグと接していただきたいものです。
それが長持ちの秘訣で御座います。


 

ファスナーの開閉

横濱帆布鞄でファスナー仕様の製品がありますが、特にAKB(アヴィエイターズキットバッグ)製品は、Wファスナーで2個のスライダーで好きな場所での開閉が自由に出来る製品です。テーブルやベンチなどにバッグを置いて、ファスナーを開閉する場合にはさほど問題はありませんが、バッグを襷掛けにしょっている時に、そのままの状態でファスナーのスライダーを引っ張って開閉しようとする時、どうしてもファスナーの虫(鍵合わせになる金属の部分)のラインに沿ってスライダーを動かせばよいのですが、どうしてもラインの左右どちらかのミミ(ファスナーの虫がついている生地の部分)よりにスライダーを引っ張って動かしてしまいます。そうするとスライダーの金属パーツとファスナーのミミが擦れて何度も同じ場所で繰り返されるとミミが破けたり、ミミが破け虫が取れてしまいファスナーの開閉が出来なくなります。
人それぞれ使い扱い方に差がありますので、ショルダーベルトやハンドルの扱い同様に乱暴に扱えば、モノは壊れてしまいます。
横濱帆布鞄の製品で使用しているファスナーは世界のYKKファスナーです。ファスナーパーツでは最良のクオリティー製品だと思っていますので使用しています。
今一度、パートナーとなったバッグを思いやり、使い扱い方を考えて接して欲しいものです。


 
 

襷掛けするバッグのハンドル

 ショルダーベルト付属で肩掛け・襷掛けして持ち歩ける横濱帆布鞄の製品で、ハンドルパーツがあるモデル、AKB(アヴィエイターズキットバッグ)M18B1,M17B2,M19A2,M17A3などの製品ですが、
襷掛けされる時にハンドルパーツを体とバッグの間に挟んで持ち歩いてしまっている方が多いと思います。ハンドルテープ(横濱帆布鞄では、ほとんどアクリル製の高密度織テープを使用しています。)が、体とバッグの間に挟まれていると擦れてテープが摩耗されてハンドルテープの織り糸が切れたりほつれたりしてしまいます。
ですから、襷掛けしてバッグを持たれる時には、必ずハンドルパーツ(握り手部分)を体の間に挟まずにバッグの口元外に倒すようにして気遣い持ち歩いてください。


 

*下記より製品の修理・カスタム関連のお問い合わせくださいませ。